Now showing items 1-20 of 49

    • S00_『月刊むすぶ』目次データ(1970年10月~) 

      立教大学共生社会研究センター; ロシナンテ社 (2021-11-24)
      1970年10月に創刊された雑誌『月刊地域闘争』(現:『月刊むすぶ』)目次データ。
      Index to the journal "Gekkan Chiiki Toso"(presently, "Gekkan Musubu") since the first issue (October 1970).
    • PRISM No.16 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2021-10-20)
      今号のテーマは投稿誌・同人誌。たくさんの人の多様な表現を載せて発行される同人誌・投稿誌はどのように、どんな思いで作られているのか。長年そうしたミニコミの編集・発行に携わっている方々に、発刊の経緯やミニコミに込める思いをご執筆いただいた。この間のセンターの活動報告も掲載。
      The main contents of this issue of PRISM are essays written by publishers of "minicomi" (an abbreviated form of "mini-communication" meaning a particular kind of small-scale publications) with a wide variety of contributing ...
    • 新型コロナウイルスと折り合いをつける ――立教大学共生社会研究センターの2020年度(+α)―― 

      平野, 泉 (立教大学共生社会研究センター, 2021-08-24)
      立教大学共生社会研究センターの、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた2020年度の活動記録。
      This paper records the activities and experience of the Research Center for Cooperative Civil Societies in the fiscal year 2020, when all the aspects of its activities were affected by the COVID-19.
    • S00_『技術と人間』目次データ(1972年4月~2005年10月) 

      立教大学共生社会研究センター; 株式会社 技術と人間 (2021-03-17)
      雑誌『技術と人間』(株式会社 技術と人間)の目次データ。(2021年3月17日にデータ微修正)
      Index to the journal "Gijutsu to Ningen (Technology and Humans)", published by Kabushikikaisha Gijutsu to Ningen from April 1972 to October 2005.
    • PRISM No.15 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2021-02-24)
      今号は、コロナ禍のなかでのセンターの活動を紹介。ミニコミからコロナ禍が生活にもたらした変化を読み解く研究会の立ち上げのニュースなど。また、長年にわたりミニコミを続けている発行者の方々に、ミニコミ作りについて、それぞれ個性あふれる文章をお寄せいただいた。
      This issue of PRISM includes the news from the Center under COVID-19, and 4 essays written by publishers of unique "minicomi"(an abbreviated form of "mini-communication" meaning a particular kind of small-scale publications) ...
    • S15_正木洋氏旧蔵・伊達火力発電所建設反対運動関連資料リスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2020-06-09)
      正木洋氏より寄贈を受けた、北海道・伊達火力発電所建設に反対する住民運動・環境権訴訟関連資料のリスト。
      Finding Aid for the papers related to the residents' movement against the construction of a thermal power plant in Date, Hokkaido, including legal records of related lawsuits, donated by the leader of the movement, Yo Masaki.
    • PRISM No.14 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2020-02-20)
      今号のテーマは、異なる文化的背景を持つ人々が共に生きること。熊本に暮らすアジア出身の女性たちを支援する活動、川崎での在日コリアンとの協働の試みなどを、活動当事者や研究者が紹介している。
      This issue of PRISM focuses on the activities and documents of the groups working in multicultural communities. Authors include an activist in Kumamoto supporting immigrant women from Asian countries, and a researcher doing ...
    • R03_高畠通敏資料リスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2020-01-29)
      政治学者であり市民運動活動家でもあった高畠通敏氏(1933-2004年)の個人資料の目録。
      Finding aid for personal papers of Michitoshi Takabatake (1933-2004), who was a renowned political scientist and was active in several grassroots movements.
    • S17_熊倉平三郎氏旧蔵・黒井生活を守る会関連資料 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2020-01-29)
      熊倉平三郎氏(1906-1980)より受贈した、直江津市黒井地区における火力発電所の建設に反対する住民運動、とくに運動をリードした「黒井生活を守る会」(1967-1972)の活動に関する資料のリスト。
      The list of documents donated by Heizaburo Kumakura (1906-1980)who led a residents' movement against the construction of a thermal power plant in Kuroi area, Naoetsu, Niigata prefecture.
    • PRISM No.13 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-11-01)
      2019年12月7日(土)開催の公開セミナー「恵みと災害―人間の暮らしと川の関係を再考する―」にちなみ、自然や水を守る様々な市民活動とその資料に関する記事を掲載。八ッ場ダムの建設に反対する運動や、地域の自然保護と観察に取り組む運動と、そうした活動が生み出す資料について、運動当事者とアーキビストが紹介した。
      This issue of PRISM focuses on the grassroots activities for protecting nature and environment. Authors include an activist fighting against the construction of a huge dam on Azumi river and an archivist taking care of ...
    • S14_松井やより氏旧蔵資料(公害・環境・開発関係)リスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-05-15)
      ジャーナリストの松井やより氏(1934-2002)の没後に寄贈された、公害・環境・開発をテーマとする資料群のリスト。消費者運動、薬害、公害輸出、ゴルフ場開発など、ジャーナリストとして取材した様々なトピックに関する資料が含まれている。
      List of materials collected by the Yayori Matsui (1934-2002) on the issues related to environment, pollution, and development. Reflecting her interests as a journalist, the collection contains documents on a variety of ...
    • R12_神奈川県葉山町真名瀬海岸埋立反対運動関連資料リスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-04-05)
      1961年、住宅地の開発を主な目的とした葉山町真名瀬海岸埋立計画に対して起こった反対運動に関する資料のリスト。水辺の環境をめぐる住民運動としては、日本では最初といわれる運動の貴重な記録である。
      List of documents related to the movement began in 1961 against the landfill of Shinnaze beach in Hayama Town, Kanagawa Prefecture. The landfill was planned for a housing development project by a private company, and ...
    • R08_新田勲氏旧蔵障害者運動関連資料リスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-04-05)
      重度障害者として、施設ではなく地域で生活する生き方を切り開いた新田勲氏(1940-2013年)旧蔵資料のリスト。障害者が地域で自立生活を送るためのさまざまな制度的保障を要求し、実現していった活動の貴重な記録である。
      File-level list of papers created and accumulated by Isao Nitta (1940-2013), one of the leaders of the post-war disability rights movement. After leaving a residential institution in 1973, Nitta paved a way for the disabled ...
    • S07_宇井純公害問題資料コレクション_件名(主題別)ファイルリスト 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-04-05)
      宇井純氏が残した膨大な個人文書のうち、件名・主題別ファイルのみをリスト化したもの。
      List of subject files contained in the personal papers of Jun Ui.
    • PRISM No.12 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-02-01)
      2018年度に行われた、センター所蔵資料を教育に活かす取り組みに関する記事を掲載。「市民」として生きるとはどんなことかを考えるアクティブ・ラーニング、資料を使った調査に軸足を置いた演習、NGOとは何かを資料を通して考えるクラスなどで、学生たちと資料とをつなぐ試みがなされた。
      This issue of PRISM focuses on the educational use of the Center's collection. Educators report from their class on the use of documents in various settings such as active learning on citizenship, seminar-style course ...
    • 公開講演会 「青空のもとで生きる権利―千葉川鉄公害訴訟一審判決から30年」 講演・質疑の記録 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2019-01-31)
      2018年7月14日、立教大学社会学部・共生社会研究センターが共同で開催した公開講演会「青空のもとで生きる権利―千葉川鉄公害訴訟一審判決から30年ー」の講演・質疑の記録。
      This document is an edited transcript of the open lecture titled "People's right to live under the blue sky- 30 years after the landmark decision on Chiba Kawatetsu Pollution case" (held on July 14, 2018), co-organized by ...
    • PRISM No.11 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2018-06-01)
      2018年7月14日開催の千葉川鉄公害訴訟に関する公開講演会にからめて、あおぞら財団の林美帆さん、明治大学等非常勤講師の岩松真紀さんによる公害訴訟の資料とその活用についての記事を掲載。
      This issue of PRISM contains articles on records of pollution-related lawsuits in Japan.
    • S27_反核パシフィックセンター東京旧蔵資料リスト 

      立教大学共生社会研究センター (2018-04-03)
      立教大学共生社会研究センターで所蔵する、「反核パシフィックセンター東京」旧蔵資料(コレクションID: S27)のリストです。
      Finding Aid for Anti-Nuclear Pacific Center Collection
    • 反アパルトヘイト運動を記憶する 

      立教大学共生社会研究センター (2018-02-01)
      2016年12月17日、立教大学池袋キャンパスで開催された、共生社会研究センター主催公開講演会「反アパルトヘイト運動を記憶する」の記録。
      Transcription of lectures and discussions of the conference "Memorizing Anti-Apartheid Movement", held on December 17, 2017,
    • PRISM No.10 

      立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2017-09-15)
      日本国内の様々な地域でベトナム反戦運動を展開した人々について研究する「地域べ平連研究会」のメンバーによる記事を掲載。福岡、岩国、沖縄など、それぞれの地域の活動に関する調査が、自然に国境を超えてつながっていく様子が伝わってくる。研究会の活動がきっかけとなり開催が決まった公開講演会『"愛国的脱走兵"が語る非戦―「イントレピッドの4人」から50年―』(2017年10月28日)のお知らせも。
      This issue of PRISM contains 3 articles written by members of "Chiiki Beheiren Kenkyukai (literally, Study Groupn on Regional Beheiren Groups)"on Beheiren-related movements in Fukioka, Iwakuni and Okinawa.