立教大学共生社会研究センターでは、主として1960年代以降の住民運動・市民運動の資料を数多く所蔵しています。その資料検索のプラットフォームとして、またセンター刊行物の公開の場として、このDSpaceを用意しました。
このDSpaceの使い方については、こちらをご確認ください。

共生社会研究センターの資料を利用するには、事前予約が必要です。
ご予約・お問い合わせはお気軽に kyousei@rikkyo.ac.jpまでお願いいたします。
また、当センターのミニコミ・機関誌コレクションについては、http://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/rcccs/db.htmlをご覧ください。

ブラウズするコミュニティを選択してください。

  • S00_『月刊むすぶ』目次データ(1970年10月~) 

    立教大学共生社会研究センター; ロシナンテ社 (2022-09-28)
    1970年10月に創刊された雑誌『月刊地域闘争』(現:『月刊むすぶ』)目次データ。
    Index to the journal "Gekkan Chiiki Toso"(presently, "Gekkan Musubu") since the first issue (October 1970).
  • 立教大学共生社会研究センター公開セミナー記録 「運動当事者とともにベ平連運動をふりかえる ――関谷滋さんに聞く」 

    立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2022-08-03)
    2022年3月5日開催の公開セミナー「運動当事者とともにベ平連運動をふりかえる――関谷滋さんに聞く」の記録。
    Transcript of the open seminar on ”Beheiren" movement held on March 5, 2022, welcoming Mr. Shigeru Sekiya as a speaker.
  • PRISM No.17 

    立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2022-02-17)
    『PRISM』17号のテーマはセンター所蔵資料の整理。ミニコミをデータベースに登録する際に適切なキーワードを選ぶことの難しさや、アーカイブズ資料の整理にあたっての苦労や楽しさなどに関する記事を、スタッフとリサーチ・アシスタントが執筆している。
    This issue of PRISM is about the processing of the collection. Staff members and graduate research assistants write about difficulties and fun in working with a whole of documents as archives, and with various kinds of ...
  • PRISM No.16 

    立教大学共生社会研究センター (立教大学共生社会研究センター, 2021-10-20)
    今号のテーマは投稿誌・同人誌。たくさんの人の多様な表現を載せて発行される同人誌・投稿誌はどのように、どんな思いで作られているのか。長年そうしたミニコミの編集・発行に携わっている方々に、発刊の経緯やミニコミに込める思いをご執筆いただいた。この間のセンターの活動報告も掲載。
    The main contents of this issue of PRISM are essays written by publishers of "minicomi" (an abbreviated form of "mini-communication" meaning a particular kind of small-scale publications) with a wide variety of contributing ...
  • 新型コロナウイルスと折り合いをつける ――立教大学共生社会研究センターの2020年度(+α)―― 

    平野, 泉 (立教大学共生社会研究センター, 2021-08-24)
    立教大学共生社会研究センターの、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた2020年度の活動記録。
    This paper records the activities and experience of the Research Center for Cooperative Civil Societies in the fiscal year 2020, when all the aspects of its activities were affected by the COVID-19.

View more